バンソンのレザーの魅力


バンソンのレザーの魅力について

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

◆これからの季節に欠かせないレザージャケット

カジュアルスタイルを好む方にとって「これからの時期に欠かせない」というアイテムの一つに、レザーのジャケットがあるのではないでしょうか。
1枚羽織るだけで格好がつくレザーのジャケットは、カジュアルスタイルを好む方には非常に魅力的ですよね。

そこで今回は、レザーを扱うブランドの中でもバンソン/vansonのレザーについて、その魅力をご紹介していきたいと思います。

レザーとは一口に言っても、ブランドごとにレザーを見ていくと、それぞれの特色のようなものが見えてくるものです。
バンソン/vansonのレザーの最大の魅力といえるのが、非常に重厚で、独特のツヤを放っているレザーそのものの外観。
バンソン/vansonならではのこの風合いに憧れて、バンソン/vansonに愛着を持っているという方も多いのではないでしょうか。

このバンソン/vansonのレザーの中でもメイン部分にあたるのが、トップグレンカウハイドと呼ばれる部分です。
この部分の加工に関しては、すべて手作業で行われているというのですから、バンソン/vansonのこだわりが感じられますね。
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-3 %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2

◇こだわり加工の「なめし」とは

トップグレンカウハイドの加工で最初に行われるのが、いわゆる「なめし」という作業で、革表面の繊維状タンパク質を溶液につけ、網状組織に固めます。
バンソン/vanson革のなめし作業で採用されている「クロームなめし」という作業は1800年台後半に開発された方法で、なめらかで美しい仕上げが特徴とされていますが、バンソン/vansonの製品を見ているとその精緻さがよく伝わってきますよね。
中でも熟練した職人によって行われる「クロームなめし」の作業は、他を圧倒するような出来を披露するそうです。

その後のドラム染めで色味や栄養分を浸透させ、強く柔軟にした革の表面に磨きをかけ、何度もワクシングを施し、さらにその後のトップコーティングによって、バンソン/vansonの独特のツヤや重厚感を持つレザーが出来上がるのです。

 

<カインドオル東心斎橋店レザー商品はこちらから>

★★ 東心斎橋店 ちょっとお得な情報・お知らせ ★★

買取査定ちょっといいお話し

買取査定ちょっといいお話しはこちらから

satei

その他オーナーブログ

その他オーナーブログはこちらから

blog

Kindal東心斎橋店 楽天ショップ

詳しくはこちらをクリック

ライン査定始めました!

詳しくはこちらをクリック

宅配買取実施中!

詳しくはこちらをクリック