エフェクター/EFFECTORのフレームのタイプについて


%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

 

自分に似合うフレームが見つかる!エフェクター/EFFECTORのフレームタイプ

芸能人御用達!日本人の顔立ちにぴったり!などでこれまでご紹介してきたエフェクター/EFFECTORには、様々なタイプのフレームが用意されています。
今回はその中でも人気・おすすめのフレームタイプをご紹介させていただきますので、「フレーム探しに困っている」という方はもちろん、「このフレームって買取価値があるのかな?」という疑問をお持ちの方まで、ぜひ参考にしてみてください!

 

25069030

エフェクター/EFFECTORの人気商品ライン

エフェクター/EFFECTORは基本的に人気のブランドですが、特に以下のラインは人気があります。

エフェクター/EFFECTORで最近の流行りのタイプといえば、「EFFECTOR×UNDER COVER キンバリー」がまず挙がります。
俗にキャットアイ型と言われるタイプで、猫目のように両端がつり上がっているのが特徴ですね。
なんとマリリンモンローなどもかけていたことがある型のようで、小顔効果を期待することも可能です。
個性的なフレームなので万人に似合うというわけではありませんが、興味がある方は一度かけてみてください。

また、エフェクター/EFFECTORでは、「delay3」というタイプも個性的で人気ですね。
フレームがトップリムだけになっているタイプのもので、エフェクター/EFFECTORらしくトップリムのフレームがしっかりしているのが特徴です。
delay2に比べてレンズの形がスクエアタイプになっているので、カッコいい印象があります。

芸能人御用達のエフェクター/EFFECTORでは、芸能人の方とのコラボフレームもいくつかご用意されています。
「EFECTOR YUSAKU」では、松田優作さんがプライベートで愛用していたとされるフレームタイプを、エフェクター/EFFECTORのテイストで再現されていますし、T.M.Revolutionの西川貴教さんとコラボしたフレームもご用意されているのです。

非常に個性的なデザインのエフェクター/EFFECTORのメガネは、飽きが来にくいタイプのものとされていますが、個性的故に違和感を感じてしまうこともあるかもしれません。
そんなときは違和感を感じてしまったフレームは買取に出して、新しいフレームを探すというのも良いかもしれませんね。