アメカジ&アウトドア
ブランド古着 買取販売

OPEN 11:00~23:00水曜定休

06-6281-4567 06-6281-4567

ユニクロ

カインドオル東心斎橋店-『ユニクロ(uniqlo)』買取致します!

国内外問わずの人気ブランドであるユニクロ。カジュアルかつ品質性の高いラインアップで、誰しも1着は持っているともいえる、国民的ブランドと言えます。

ユニクロはこれまで、多くのブランドやデザイナーたちとコラボ製品を展開してきました。コラボ商品はブランドやデザイナーが好きなファンにとっては、絶対に購入したいアイテムです。Kindal東心斎橋店ではユニクロのコラボ商品の買取を随時募集しています。

ユニクロとコラボ商品

誰もが1枚は持っているファッションブランド、ユニクロ。
日本を代表するファッションブランドで、ファーストリテイリングの子会社です。

親元のファーストリテイリングは、英語表記で「FAST RETAILING」。つまり「消費者のニーズをいち早くキャッチし、商品化する」という意味を込めて名付けられています。
その精神はまさにユニクロに根付いていると言えるでしょう。

「ユニーク・クロージング・ウェアハウス」という社名に端を発するユニクロの元々のキャッチフレーズは「衣・飾・自由」でした。セルフサービス方式で自由に商品を選んでもらうというコンセプトを持っており、これは今でも息づいている精神とも言えます。

世代を超えて支持を受けるユニクロですが、そのブランドの強みは、価格、商品、宣伝、場所といった、経営には欠かせない要素全てを余すことなく抑えているという点にあります。徹底的な効率化、コストカットを実現させ、誰もが手に取りやすい低価格を実現させていくことで、流行をいち早く察知し、それを商品として実現させていきます。

そしてユニクロが人気を博している理由のもう1つに、コラボレーション企画が存在します。
コラボレーションを行う企業はたくさん存在しますが、そもそも企業にとってコラボレーション・マーケティングのメリットとは、コスト減・コストカットが行え、且つ新規顧客層の取り込みが見込めるという点にあります。

その上、ブランドイメージを打破する新境地を開拓できるのも大きなメリットです。ファストカジュアル商品を展開するユニクロにとって、このコラボ企画は状況を刷新しやすい企画であり、これまでにも多くのコラボ商品を展開してきました。

2006年には国内の女優や海外セレブが着用していたことで話題を集めた「HAN AHN SOON」とのコラボ企画を実現。

続く2007年には「Alice Roi」「3.1 Phillip Lim」「SATORU TANAKA」などのブランドともコラボを重ねています。

人気の定着したブランドばかりでなく、人気の出始めや、人気の出る前の駆け出しブランドともコラボを果たすユニクロ。その着眼点は鋭く、コラボ後に人気を博すデザイナーもいるほどです。

また、「Alexander Wang」「Juliana Jabour」「Tim Hamilton」などの新進気鋭のデザイナーを起用したことでも注目されました。

2010年には「KIMINORI MORISHITA」「Balcony and Bed」「G.V.G.V.」などとコラボしました。

そして現在では定番ラインともなっているエルメスの元デザイナーであるLemaireとのコラボを実現させています。Lemaireとユニクロは、2015年の秋冬からコラボセレクションを開始し、これは大きな成功を収めた企画となりました。

更にデザイナーのみならず、スポーツ選手と契約を結んだことでも話題を集めました。グローバルブランドアンバサダーとしてテニスプレイヤーであるRoger Federerと10年間で3億ドルという契約を結んだことも記憶に新しいでしょう。

LemaireはRoger Federerや錦織圭選手らの着用ユニフォームをデザインしており、試合の際には選手たちが着用したウェアに予約が殺到するなど、スポーツを通じてウェアへの関心が、ウェアを通してスポーツへの関心が高まるといった相乗効果を生み出しています。

村上隆とのコラボレーション企画である「ドラえもんUT」を覚えている人も多い筈です。世界中から愛されるドラえもん。これを村上隆の世界観によってUTに反映した作品です。子どもから大人まで幅広い世代層に手に取ってもらえるような、まさに皆から愛されるドラえもんのイメージそのものを、ユニクロの世界観に取り込むことに成功しています。UTは多くのデザイナーの世界観をキャンバスに見立てて取り込み創出する、新たなコンテンツです。

このように、これまでにも多くのデザイナーとコラボレーション企画を成功させてきたユニクロ。企画の度にブランド力のアップ、刷新を繰り返し、価値を向上させていっているのが分かります。


 

ユニクロ製品もしっかり査定!

アメカジ、アウトドアブランドを中心に買取・販売を行っているKindal東心斎橋店では、現在ユニクロの商品を買取募集中です。

Kindal東心斎橋店では無料の査定で納得の料金により買取を実現。新品製品はもちろんのこと、状態の良いダウンジャケットやフリース・コート・ジャケットなどのアウターを募集しています。
着用感のある商品でもサービスでまとめ買取可能。査定は親切丁寧を心がけており、期待に応える為全力を尽くしています。

ユニクロはブランド買取では取り扱いを行っていない店舗も多く、たとえ買取をしていてもかなり厳しい買取となるでしょう。

一方Kindal東心斎橋店ではユニクロ商品でも店頭販売可能な状態であれば全て査定が可能です。

「店頭に直接持っていきたいけれど、時間が無い…」そんな人でも、Kindal東心斎橋店では、地下鉄心斎橋駅から徒歩約6分という立地条件にもあり、22時半まで営業しているので仕事帰りにでも立ち寄れますよ。

家で眠らせている服はありませんか?
通常であれば買取不可でも、Kindal東心斎橋店ならば可能かもしれません。まずは無料査定を試してみてください。

家で眠っているユニクロ製品はKindal東心斎橋店へ!

Kindal東心斎橋店で買取受けつけを行っている商品は、衣類を始め、メガネや靴、小物類など多岐にわたります。

気になる買取方法は3パターン。

1つ目が店頭での買取。直に店頭に持っていく査定方法です。直接顔を見てやり取りできるので、初めての人や商品への経緯を説明したい方などにはおすすめです。

2つ目が宅配買取。宅配キットに商品を入れ、配達に出すだけ。あとは査定結果の連絡を待つだけです。時間がなくて店頭に持っていけない人でも、実際に商品を手に取ってもらえる査定方法です。

3つ目がLINE査定。LINEを使った簡単査定は、空いた時間に誰でもできる便利なサービス。やり方は商品の写真を撮ってLINEで送るだけ。詳細なども書き込めてとても便利です。Kindal東心斎橋店では、たとえ状態が芳しくなくても、着用・使用に問題がなければ買取可能です。

どうせ売れない…そう諦めている物でも、Kindal東心斎橋店ならば買取できるかもしれません。家で眠る使っていない物を、是非Kindal東心斎橋店にお持ちください。

 

  • 店頭買取について
  • 宅配買取について
  • かんたん!LINE査定